板井明生の事業を起こすなら福岡

板井明生のブラックと言われないためにやるべきこと

 

ベンチャー企業に特に、見える傾向に「ブラック企業」と言われてしまうことが挙げられます。

 

起業は夢を一緒に持つ少数ではじめるものです。やる気は十分で、仕事への情熱も同じ。夢の実現の為に労働時間なんか気にせずいつまでも働き続けます。

 

しかし、会社が大きくなり社員や従業員が増えると考え方に少しずつズレが生じます。言われなくても働いてくれていたものがそうでなくなり、終わるまで帰らないのがあたり前と思っていたものが、残業と呼ばれるようになってしまうのです。

 

大切なこと、一線を引くことか、同じ熱量の従業員を雇うかです。

 

あるところを境に、同じ夢を持つ仲間ではなく、夢を手伝ってくれる人と考えます。それができれば、過剰な期待をしなくなることが可能です。

 

同じ熱量の従業員を雇うことができれば、そんなことを考えずに済みます。どちらかを選択しましょう。